私たちは東日本大震災があった2011年に創業し、これまで姿勢や骨盤、呼吸などを整える仕事をしてきました。

現代社会では、長時間の座り姿勢、運動不足、呼吸の浅さ、などによって不調が起きているものだと考えていたからです。

ところが、体は良くなっても症状が改善しない…一時的に改善しても戻ってしまう…そんなケースがあります。このような臨床ケースを調査、研究し続けた結果私たちは、ある結論を出しました。

それは、不調は次の3つ
①からだ(生物学的要因)
②こころ(精神心理学的要因)
③関係性(社会環境的要因)

が相互に関係し合って発生する。

という事です。

つまり肉体だけではなく、心がつらかったり、頭の整理がついていなかったりしても体に痛みを起こすという事です。もしくは、対人関係、価値観に反する仕事を強いられる、孤独、被災なども体に痛みを起こします。

これは、人間としての痛み(トータルペイン)と呼ばれています。

人間としての痛みは「からだ」、「こころ」、「関係性」が絡みあっていて、とても複雑です。だからこそ「この痛みは誰にもわからない」と感じます。

私たちの役割は、アート(感性)、クラフト(臨床経験)、サイエンス(科学)のすべてを使って、未知なる人間としての痛み(トータルペイン)を少しでも明らかにしていくことです。

目に見える肉体だけではなく、思考、精神、価値観、人間関係など目に見えないところも尊重する。目に見えないところも大切にして生きる。人間として本当の健康はそこにあるのではないか。

それが私たちココから整体の想いです。

家でも、星でも、砂漠でも、それを美しくしているのは、何か目に見えないものなんだ

星の王子さま – The Little Prince