2019年7月27日(土)@松本市
「伝わる」対話~ダイアローグ(Dialogue)講座を開催します。

対話はいろいろな人を理解する学習になります。対話して自分とは違う人生の物語を聴くことにより、相手の考え方、相手の価値観と出会うことができます。すると他者を理解するチカラが成長し、思いやりの心が成長するのです。

対話: ダイアローグ(Dialogue) って何?

対話:ダイアローグは2名以上でそれぞれの考え方、心に思ったことを交えながら新しい考えを見つけるコミニュケーション方法。

対話型コミニュケーションは新しい考えを見つけるだけでなく、成長をもたらしたり、関係性を深めたり、また意外にも不調の改善にも役立ちます。

実際、幸福度No.1で有名なフィンランドでは医療として対話を活用する『オープンダイアローグ』というシステムがあります。

対話というシンプルなコミニュケーションは人を理解するチカラ、思いやりの心を育て、良い人間関係をつくる技術です。

対話について一緒に考え、学び、あなたも対話を活用してみませんか?
人間が行うコミニュケーションの本質を身につけたい方はぜひご参加ください。

人間関係でつまずくのには理由があります

良い人間関係を築いている人はどのような人でしょうか?

それは相手の気持ちを理解するチカラがある人です。

相手の気持ちをよく理解している人は思いやることができるので、たくさんの人から大切にされ良い人間関係をつくることができるのです。

逆に人間関係でつまずくのは、相手の気持ちを理解できていない時。このような時は知らず知らずのうちに配慮に欠け、思いやりに欠けた言動を取ってしまいがちです。

では、どうすれば相手の気持ちを理解するチカラを伸ばすことができるのでしょうか? その答えは対話をすることです。

対話を学ぼう

対話はいろいろな人を理解する学習になります。対話して自分とは違う人生の物語を聴くことにより、相手の考え方、相手の価値観と出会うことができます。すると他者を理解するチカラが成長し、思いやりの心が成長するのです。

そこで今回は対話について学ぶ機会、伝わる対話ダイアローグ講座を開催します。伝わる対話〜ダイアローグ講座では、伝え方と聴き方、そして対話の進め方を学びます。

特に伝え方、聴き方はとても大切です。
自分を伝えて、相手を聴く、簡単そうなことですが、これが正しくできるようになると人を深く理解できるようになり、思いやりの心が成長します。

思いやりの心は生まれつき元々あるものではなく、人とのかかわり合いによって成長するものなのです。

対話というシンプルなコミニュケーションは人を理解するチカラ、思いやりの心を育て、良い人間関係をつくる技術です。
ぜひ本講座にご参加頂き、一緒に対話を学び成長しましょう。

第4回 7月27日(土)
「伝わる」対話~ダイアローグ(Dialogue)講座

●どんな内容?

✔対話と討論と何が違うの?
✔伝え方と聴き方、引き出し方
✔フィンランドのオープンダイアローグ

●基本情報
開催日 2019年7月27日(土)13:30~
参加費 3,800円
会場 GREAM 松本市島立861-1 IZUMI21ビル 3F

講座に申し込む

※必須は必須項目です。
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須 ※半角英数字
電話番号 ※必須
ご希望の講座
質問・コメント

アンズ(ANS)講座 シリーズについて

※スケジュールを一部変更しました。
【終了】第1回 1月13日(日)
あなたの体質チェック・整え方
【終了】第2回 3月21日(木・祝)
マインドフルネス
【終了】第3回 5月4日(土)
EA(エモーショナル・アジリティ)
第4回 7月27日(土)
ダイアローグ
第5回 未定
大人の発達心理学

代表あいさつ

人と関わると、あなたの身体は意志とは関係なく反応を起こしています。鼓動が速くなったり遅くなったり、筋肉がこわばったり緩んだり、脅威に対しては神経が張りつめたり、信頼できるあたたかい交友関係のもとでは気持ちがほぐれたり。自分を見失うほどの激しい怒りや悲しみ、愛、喜び。あらゆる感情も身体の反応に現れます。

これが自律神経の働きです。人や社会の複雑さとうまく関わって生きるために進化した、脳、感覚器、内臓を結ぶ神経システムなのです。『アンズ(ANS)講座 シリーズ』の目的は、毎日を幸せに気持ちよく暮らすために、人や社会との関わり方を学び、自分の身体を意識的にあつかい、受け入れ、自律神経と共に生きる術を学ぶことです。

ココから整体 代表小松ごろう